今日は子供が子守唄を歌ったらすぐに眠ってくれました。

今日は子供が夜すんなりと眠ってくれました。子供は最近寝付きがとても悪いのですが、今日に限っては私が子守唄を歌って背中をトントンしてあげたらすぐに眠ってくれました。良かったです。ホッとしました。子供は「ゆりかごの歌」と言う子守唄が好きで、何度も「歌って歌って」と言ってきます。他の子守唄だとダメな様です。この曲は私が小さい頃に祖母がよく歌ってくれました。歌詞が一番しか正確にはわからなかったので、いつも一番の歌詞しか歌えていません。この間ユーチューブで見てみたら二番三番とかありましたが、私の脳のキャパシティ上、覚えられそうになかったのでやめました。
もう少し脳みそが若い頃にはきっと覚えられたのかもしれませんけれどね。もう脳みそが固くなってしまっているので。だから頭が固いのでしょうか。子供のためにこれからもたくさん歌ってあげようと思います。子守唄ってアルファー波が出るからいいんですよね。オルゴールもいいですよ。

2018年3月4日(日)の私の出来事について(その2)

2018年3月4日の私の出来事について書きたいと思います。最近、右の頭の髪の毛が、少し白髪になっている事が気になっています。病気を抱えた母への気遣いであったり、家で働くための仕事の開拓するための悩みであったりと、日々気苦労が絶えません。日々の気苦労が絶えない蓄積が、このような白髪になっているのだと推測されます。母は白髪になったところに、化粧用油を毛根に塗れば、白髪は治ると言っていますが、真実であるかどうかは分かりません。今のところ、化粧用油を塗れば白髪は気にならないぐらいに、一時的に黒くなります。しかし、夜にシャンプーして髪を洗うと、白髪の部分は白髪に戻るんですよね。さすがに年齢を重ねていくと衰える事は仕方がないのかもしれません。逆に、日々の気苦労が蓄積の結果が白髪に結びついているのであれば、白髪は家族のために献身的に尽力をつくしている証拠だとも解釈できるかもしれません。そういった視点で見ると、白髪であっても前向きに解釈する事ができます。http://clothingstorebuyer.com/