TVで特集していた夫妻の視点について驚いた仕方

つい近年TVでやっていたのですが、男性と一緒に寝ていますかというアンケートで半分以上の他人が寝室は別ですと答えていました。そのTVを見ながらおどろきました。なぜかというと、わたしは男性が大好きなのでできるだけ一緒にいたいのです。ですから、寝ているあいだも、寝る瞬間も男性のどっか身体の一環をさわって寝ないと思いが済まなしのです。児童が生まれてからも、それはかわらず川の字でねていた位も中間は自分でした。ですから、寝室が別なんて考えられません。別の人の理由は、酒癖が酷いですとかイビキがうるさいですとか必須が起きる時間が手っ取り早いだとかでした。私の男性も深夜に起きて必須に出向くときもありますがそれでも、一緒にいたいので隣席で寝ます。ほとんど、男性的には寝室を別でも相応しいんだろうなと思っていそうですが、宿命それはさせないぞと思います。何気なく見たTVでしたが、その寝室苦しみの近辺だけは真剣に見てしまいました。何やら明るい思索も残るもんだなと思いました。

2500文字の記事を納品しました。3時間でかきました。

2500文字の記事を納品しました。2500文字だと簡潔に情報を記載することになるので、比較的書きやすいです。
これが、10000文字になると、事細かくなり、ちょっとウダウダ感も出てきてしまいます。
頭の中から絞り出すような感じになったり、ネットや本で調べた情報を書き連ねるということになっています。
長くなっても、読みやすい文章を書くことを心がけています。
今回お仕事をさせていただいている人は結構評価がシビアだと感じます。
文章スキルなどの面では★5つはいただけていません。アドバイスということで、修正が何か所か入ることがあります。
できるだけ読みやすさを考えて文章を作っていかなくてはと思っています。
文字を書いている時間を時給に換算するとすごく安いです。時給100円くらいです。
ネットなどでも様々な文章を読みますが、建設的なものから、なんの解決策の提示もないもの、読んでいてそれで?と気になるものなど
作り話ではないかと感じるものも多くあります。キレイモ 回数制