鉄やアルゴンなどの語源などについて

語源などについて探究しました。鉄(Fe)の語源は、力強いメタルという目的から置きられました。銅(Cu)の語源は、銅の生地キプロスから島から擦り込みられました。ヘリウム(He)の語源は、ギリシア語の日光から塗り付けられました。アルゴン(Ar)の語源は、ギリシア語のなまけものから塗り付けられました。次は、酸化についてだ。物質が酸素と調合講じる化学移り変わりを酸化といいます。散々放置された鉄剣は、鉄の部位がさびてしまいました。利益、白金などは酸化され難いそうです。だから、デコレーションものに使われているのだそうです。エタノールやスチールウールの燃焼も銅やマグネシウムを加熱したときの反動も酸化だ。次は、さびるしくみについてです。鉄の偽造に水が付くと、鉄が水にとけこんでいきます。水にとけた鉄が酸化して酸化鉄となり、沈殿行う。水気が蒸発してさびた鉄だけが残ります。知らないことを探究できて良かったです。アリシア スムース ビューティー 違い