透析問題は病院側が悪く言われすぎているような気がする

福生病院の人工透析問題ですが、なんだか医師や病院がやっぱり気の毒だなと思います。

亡くなった女性ももちろん気の毒だと思いますが、ニュースを見てみたら女性は透析を中止して投薬のみの治療に切り替えるという書類に署名して同意をしたそうです。

その後になってからやっぱり透析治療を再開したいということを申し出たそうです。

そのことを数人の医療関係者が認識されていたそうですが、それで病院側が悪く言われてしまっているみたいです。

この女性も精神的に不安定だったのかも知れませんが、病院側も何人もの患者を抱えているわけですから、やりません、やっぱりやります!ところころ言うことが変わってしまうと困るのかも知れません。

けどどちらにしても一度透析をやめているわけですから、再開した所で長生き出来たのかな?と思います。

44歳の若さで亡くなったのは残念だと思いますが、辛い透析を続けて生きて行くのも辛いと思います。

亡くなってしまった女性患者はとてもお気の毒ですが、天国では苦しまずに幸せでいて欲しいです。キレイモ カウンセリング