テキストの評論だ。見出しは「多彩」

これは身が小学生6年生の時に担任の師範から読み聞かせてもらった力作実写化や劇場アニメ化もされています。筆者は森挿画都氏という有名な読物わが家だ。ダイアログとしては死んだ人物が固まる輪廻の世界で抽選に当たったとあるマインドはエンゼルのガイドプラプラに導かれ服毒自殺した小林純正という相手方になって修行をするというあらすじだ。まばらネタバレも含まれていますがこれを認可のうち読んでいただけると幸いです。

とりあえず修行先のダークさといったよろしい精神的に小林誠がなぜ自殺したのかはおおまかに上述で述べられますが果たして身があそこの家庭だったら自殺していないにせよ出て行ってたのかなと思います。肉体的というよりは実に精神的にだ。思春期の男児にとってはかなしいだろうなと。先面白かったのはフラッの急変風だ。ちょっと輪廻の世界であそこまで神経質だったのが下界に降りてからのふてぶてしい動向というか、先花札マニアというところも興味深い道楽をしているなとフラッに関してもアピールだ。小学6年生の時に読んだよりはダラダラ理解できるようになってフェアこういう年齢で読んでもよかったのかなと見まがうほどだ。但しその家庭の謎も大詰めに当たり解かれていくのでそれが一番の面白みだ。マインド小林誠の境地の予約もダイアログが結び付くうちにわかります!極めておすすめのはじめ冊だhttp://nyota.co/musee-senaka/